医師求人製薬会社TOP >> 転職FAQ >> 製薬会社の医師の仕事内容は?

製薬会社の医師の仕事内容は?

製薬会社で働く医師のことを「メディカルドクター」と呼ぶことがあります。(本来博士課程を修了した他分野の「ドクター」と医師免許を持ち医師として働くドクターとを区別する為にできた言葉ですが、近年では薬に関係した企業で働く医師のことを指すようになってきました。)製薬会社では新しく開発した薬の臨床試験を行わなければならないのですが、それに関連して同意書や試験結果の論文、厚生労働省への申請書提出などが求められ、そこには医師の評価が含まれていなければならないという規則があるため、「それならいっそのこと医師を雇ってしまおう」という発想から製薬会社でも医師を採用するようになりました。

メディカルドクターの仕事内容は大きく分けて3つで、それぞれ別個のセクションとして各医師に割り振られることもあれば、その全ての業務を「メディカルドクターが受け持つセクション」としてまとめて任されることもあり、これは企業によって異なります。その1つは、新薬開発そのものに関わる「臨床開発」。特に新薬を実際に同意の上で患者に投与し、その安全性や効果性についてデータを取っていく治験業務において、実施企画書(プロトコール)の策定や治験実施医療機関の担当医師との折衝、治験結果のデータの解析、更には厚生労働所への申請書作成など、医学的な側面から様々な仕事を行います。

後の2つは、治験によって無事に新薬として使用されるようになった後の仕事です。その1つは「安全性評価」。新薬として使用されている現場から上がってきたデータを解析し、副作用についての調査を行います。もう1つは「メディカルアフェアーズ」と呼ばれるもので、臨床現場において自社の新薬が効果的に使用されることを目的に、適切なマーケティングが行われているかを調査します。その新薬についての情報を医療機関に伝えるのはMRの役割ですが、これを医師が担うことで、より深い医学的知識の下に効果的に薬品情報を伝えることができるようになります。このため、最近多くの製薬会社がこのメディカルアフェアーズを設け業務に取り組むようになっています。

更に、国際共同治験に対応できるようになることを期待して、製薬企業がメディカルドクターを採用することもあります。かつて日本の治験スピードは諸外国のそれと比べて遅いと見なされていたため、国際共同治験の対象から外されてしまうことが多かったのですが、メディカルドクターを採用することで海外のメディカルドクターと専門的な論議を行うことができるようにし、こうして世界標準の製薬スピードについていくことができるようになると期待されているのです。




Copyright (C) 2013-2017 医師求人製薬会社ランキング All Rights Reserved.