医師求人製薬会社TOP >> 転職FAQ >> 製薬会社の医師転職の募集時期は?

製薬会社の医師転職の募集時期は?

医師不足が叫ばれている中、病院であれば常に医師求人を見つけることができますが、こと製薬会社の医師求人となるとそれ程頻繁に見かけるものではありません。製薬会社にとってメディカルドクターは必要な存在ではあるものの、まだ諸外国と比べるとメディカルドクターとして企業自体が雇うことはそれ程一般的ではないからです。その上病院ほど沢山のドクターを必要としているわけではないので、1度1人を雇ってしまうとしばらくは新たな募集はかかりません。このため、製薬会社の医師募集時期を計るというのは非常に難しいのですが、医師の存在が必要になるシーンで考えると「新たな新薬開発に力を入れたい時」や「出来上がった新薬を治験にかけ、早く『新薬』として市場に流したい時」と言えるかもしれません。また市販後の安全性の確認やメディカルアフェアーズの仕事を医師に任せたい場合なら、「新薬発表後」もメディカルドクターの需要が大きくなるときと言えるでしょう。ただ、このような時期を企業外部から察知することは難しいですし、そもそもメディカルドクターの数が足りているところでは募集がかかることはありません。

それで、製薬会社からメディカルドクターの募集をいち早くゲットするには、「前任のメディカルドクターが退職するとき」や「社内の組織変更に伴って人員強化が必要な時」を狙うのがベストです。この時期とは、大抵どの企業でも3月と9月で、それぞれ4月・10月に上半期・下半期に入るため、これに合わせて組織変更が行われたり各部署の需要について見直しが行われたりして新たに人員を募集する必要がでてくるのです。また8月と12月も中途採用が多くなる時期です。これはボーナスをもらった後に退職・転職する人が多いからで、この欠員の埋め合わせにMRやCRA、そしてメディカルドクターの募集がかかることがあります。つまり「前任のメディカルドクターが退職するとき」に相当するわけです。

いずれにしても、製薬会社が募集をかけてから採用に至るまでの期間は大抵1〜2ヶ月です。書類選考と入社試験、面接を経て無事に入職決定となれば、それから最長でも2ヶ月以内に入職することが求められます。ということは、逆算すると入職希望日の 3〜4ヶ月前から製薬会社のメディカルドクター求人に目を光らせておかなければならないことになります。その上必要書類を作成したり面接対策を行ったりする時間的な余裕も必要ですから、実際には4〜5ヶ月前から準備に入る方が良いでしょう。




Copyright (C) 2013-2017 医師求人製薬会社ランキング All Rights Reserved.