医師求人製薬会社TOP >> 製薬会社の医師求人 >> 沢井製薬

沢井製薬の医師求人情報

国内の製薬会社にも医師が勤務している企業はありますが、沢井製薬は求人を出していないと言えます。製薬会社と言うと、外資系の企業も日本に参入してきていて、社内にメディカルドクターとして医師を配置することが当たり前のようになっているのです。メディカルドクターは、沢井製薬などの日本企業にも求められる人材であり、外資系企業の本拠である国と同時進行でプロジェクトを行う必要も出てきますし、医薬品が承認となる経過が異なるためにそのための折衝や交渉なども行わなければいけないのです。そういったこともあり、外資系の製薬会社の方が、メディカルドクターが求められるということです。そして、沢井製薬などの日本企業では募集されていないことも多いと言えます。

これまでの、沢井製薬などといった国内の製薬会社ではメディカルドクターの配置がされていなかったため、日本では慣れないという点もあります。それでも、最近では世界的に競争も激しくなってきているので、メディカルドクターが重宝されるようになってきているのです。プロジェクトマネージャーやメディカルアドバイザーなどといった職務だけではなく、マーケティング部門や臨床開発部門など様々な分野において臨床での経験や知識などといった医学的なスキルが必要とされるでしょう。

海外の製薬会社では、メディカルドクターは発言権が強いと言えますし、企業に与える影響も大きいと言えます。社会的な地位や立場、さらに年収も高くなるとされているのですが、日本においてはまだ体制が異なる点があることもあるので、分野としてこれから成長していくことが考えられます。海外に留学をしたことがある医師や英語が話せること、そしてメディカルドクターとして勤務をしたことのある医師などであれば、採用となる可能性が高くなるでしょう。

もし外資系に勤務するとなれば、日本にいても外資系の企業文化となります。それに、沢井製薬などの日本企業と異なり成果主義となることが考えられます。よって、大きな難門にはなるかもしれませんが、思っていた以上に年収を手にできる可能性がありますし、やりがいも十分に感じることができるのではないでしょうか。そういった点で、メディカルドクターになって満足をされている医師も多いのです。




Copyright (C) 2013-2017 医師求人製薬会社ランキング All Rights Reserved.