医師求人製薬会社TOP >> 製薬会社の医師求人 >> ロート製薬

ロート製薬の医師求人情報

ロート製薬にメディカルドクターとして転職をしたいと考える医師の方もいるでしょう。しかし、ロート製薬では医師の募集があまり行われていません。とは言え、多くのメディカルドクターが製薬会社で活躍をしています。メディカルドクターとして転職をするには、1か月から2か月程度の選考期間があると考えられます。また、製薬会社に入職が決まってからも1か月から2か月の期間を経て入職となるのが通常となっています。そういったことから、入職したいと希望する日から3か月から4か月前辺りから転職活動を始めることになるのです。必ず医師側の希望が叶うとは限らないので、事前に今の職場に退職の意向を伝えることが大事です。

まずは、ロート製薬などの製薬会社に問い合わせをすることから始まります。病院などに転職をする場合には、数ある求人の中から合うものを選んで応募をするという形になりますが、製薬会社の場合は、その会社に採用してほしいと打診することが通常です。その際には、求職している医師の履歴書に加え英文での履歴書も必要になります。そして、書類送付と共に臨床開発に携わりたいのか、安全性管理をしたいのか、医師自身の希望分野について企業に伝えることになります。

ロート製薬などといった製薬会社の書類選考では履歴書と英文履歴書で判断されます。履歴書の書式については一般的なもので問題はありません。その他にも製薬会社に対する志望動機も用意しなければいけません。どうして前職を辞めることにしたのか、製薬会社で実現させたいことは何なのかなどといった点については、問い合わせる時点で企業側に聞かれることがあります。よって、採用については、この辞める理由や実現させたいことについてはっきりとさせることが重要ポイントになるでしょう。

書類選考の後には面接が待っています。製薬会社の面接は医療機関とは異なることを知っておくことも大事です。企業次第で、面接時にどういった質問がされるのか、医師のどういったポイントを見るのかという部分が異なります。そのようなことがあるので、前もって準備をしておくようにしましょう。中には、英語で面接をする企業もあるので注意が必要です。数回にわたる面接を突破すると、企業側から内定通知書が送られてきます。こうなると内定が決まりますので、待遇や年収などといった点について確認をすることになります。ロート製薬などの製薬会社に入職する前には、書類の手続きが多くの場合でありますので、忘れずに提出をするようにしましょう。




Copyright (C) 2013-2017 医師求人製薬会社ランキング All Rights Reserved.