医師求人製薬会社TOP >> 製薬会社の医師求人 >> 小野薬品工業

小野薬品工業の医師求人情報

小野薬品工業は、医師の募集を行っていないのですが、製薬会社であれば、メディカルドクターが活躍している点がポイントです。小野薬品工業のような製薬会社にメディカルドクターとして勤めるためには、備えるべき資質があります。まず、臨床経験は5年以上必要になります。そのうち3年は専門分野での経験を積んでいると企業からは歓迎される対象となります。メディカルドクターには、臨床現場での経験がないという医師はほぼいないと言えるほどなのです。

メディカルドクターという立場で専門領域担当医師になるためには、専門的なスキルを持っている点がポイントになります。認定医ではなく専門医の資格、さらに指導医の資格を持っていると歓迎される可能性が高いと言えます。特定の症例に関して扱った件数の多い医師についても、合う求人があるならとても重宝されるのではないでしょうか。

また、臨床医としてのキャリアだけではなく研究医としてのキャリアについても重要なものと考えられます。今後の可能性がある論文を執筆した医師も注目を集めるでしょう。研究医のみのキャリアは必ずなければいけないというわけではありません。研究者としての見方をきちんと持っているか、明解であり積極的にプロジェクトを進めていくことができるのか、コンセプト力や文章力などにおいて人に訴える力があるかなどといった点についても重要とされます。

治験の経験については、なければならないということはありませんが、これまで勤務していた職場で治験を経験した医師は歓迎されると言えます。治験分野での経歴のある医師は、臨床経験や医学的な知識についても豊富であると判断できるからです。そして、小野薬品工業のような製薬会社以外にも、外資系の企業もあります。外資系の製薬会社に勤務するためには、英語力も必要になります。それに、小野薬品工業のような日本企業であっても、海外とやり取りをすることも考えられるため、英語力はあることが望ましいのです。TOEICであれば700点以上あると問題ありません。

そして、小野薬品工業などの製薬会社に勤めるメディカルドクターは職場の中や外部のスタッフと連携をしながら、スムーズなコミュニケーションを図ることが大事です。コミュニケーションが円滑に図れたら、プロジェクトもある程度の成果をあげられると言えるでしょう。そのような面もあるので、コミュニケーション能力もなければいけないのです。そのため、研究には長けていても人間関係には疎いと言う様であれば、メディカルドクターには向かないのではないでしょうか。




Copyright (C) 2013-2017 医師求人製薬会社ランキング All Rights Reserved.