医師求人製薬会社TOP >> 製薬会社の医師求人 >> 久光製薬

久光製薬の医師求人情報

久光製薬においては医師の募集がされていないというのが現状です。久光製薬に限らず、製薬会社であれば医師はメディカルドクターとして働くことができます。久光製薬などの製薬会社で働くメディカルドクターの通常の平均的な年収は、1500万円から2000万円ほどとなっています。メディカルドクターの得る年収は、一般的な医師よりも数百万円ほど高くなることが多いと言えます。メディカルドクターに転職したことによって、年収が300万円や500万円ほど上がったという例もあるほどなのです。

より専門性が必要となる外資系企業においては、年収3000万円以上となる高額の求人情報もあります。その他にプラスで成果報酬契約が組み込まれる場合や、ストックオプション制度があるケースもあります。外資系の企業には、根底に成果を上げることについての対価ということが重視されますので、メディカルドクターとして成果を上げれば待遇が良くなる可能性があります。

外資系の製薬会にはメリットが感じられるかもしれません。しかし、退職金制度という注意すべき点もあります。外資系企業でも、久光製薬などといった日本の企業のような退職金制度を用いている企業もあります。日本企業にある特性に比べると、退職金が全くない企業もあるほどですので、その点についてはしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

退職金制度は、労働基準法において払わなければならないとされているわけではないのです。久光製薬などの日本企業の多くが終身雇用制を導入していた時代に、社員が企業に定着するようにという狙いで一般的に用いられるようになりました。欧米では、日本で退職金にあたる額を、毎年給与としてもらえるというシステムになっていることがほとんどと言えます。そういったこともあり、現在の段階で勤めている企業の年収よりも外資系企業に勤めるメディカルドクターの年収が高いとしても、それは退職金分も含めてということなのです。

製薬会社の中でも外資系企業に転職するとしたら、希望する企業で何年間勤務をしたいと考えているのか、年齢にして何歳まで働くつもりでいるのかなどといったことを自身で考え、年収や退職金の面からも見極める必要があるでしょう。もし、老後のために退職金を得ようとしてメディカルドクターになるのなら、仕事を始める前にしっかりと収入面について確認をすることが大事だということです。もし外資系で退職金分が年収に入っているならば、老後のためにお金は残しておくことも必要になるのです。




Copyright (C) 2013-2017 医師求人製薬会社ランキング All Rights Reserved.