医師求人製薬会社TOP >> 製薬会社の医師求人 >> 大日本住友製薬

大日本住友製薬の医師求人情報

大日本住友製薬の求人情報では、メディカルドクターの募集もあります。大日本住友製薬のメディカルドクター募集はがん治療領域が専門となっていて、医師免許が必要であり臨床経験も求められます。また、ビジネス英語も必要です。大日本住友製薬でのメディカルドクターの業務について気になることはたくさんあるでしょう。メディカルドクターをしている医師には、持っている医師のスキルを活かし、新薬を開発することや普及することに務めれば、沢山の人のためになることができるという点が根底にあるのではないでしょうか。

また、若いころであればハードワークをこなしていたかもしれませんが、家庭ができた場合などには、医師も時間の余裕などが欲しいと考えるようになるものです。そこで仕事と私生活の両立のために、メディカルドクターになろうと決意する医師も多くいるようです。臨床医として働いてきた立場から転職をするとなれば、わからないことばかりの様にも思えるかもしれないのですが、これまで積んできたキャリアを通してスキルなどを磨いてきたのであれば、大日本住友製薬などの製薬会社でメディカルドクターになることも一つの道と言えるでしょう。

大日本住友製薬などに勤務するメディカルドクターには、臨床開発や安全性情報、そしてメディカルアフェアーズといった業務があります。臨床開発分野でメディカルドクターが行う業務は、MRなどといった自社内外の医療スタッフと連携することで、新薬が有効であるということや安全であるかという点を様々な方向からデータを集め、それを元にして申請報告書を作成して厚生労働省などに申請をして、販売の許可を得るというものです。

安全性情報の分野では、治験の最中や販売を行っている間に臨床医や文献などから色々な有害情報を集めて確認、査定をします。そして、監督をしている省庁に提出するための文書や、新薬についての添付文書に反映させることなどの業務があります。メディカルアフェアーズについては、専門領域担当医師であることから、担当になっている新薬のメリットを最大限に引き出すため、PR戦略や販売戦略、広告戦略などといった部分について医学的な見解から自身の意見を述べたりして、新薬がきちんとビジネス面でも成功できるか、利益を上げることができるかなどといった点について担当をすることになります。海外で作られた薬を、日本の市場でも新薬として開発をするべきかという点も関係してくるでしょう。さらに、開発された新薬が早く商品化されるように働きかけることも役割の一つです。




Copyright (C) 2013-2017 医師求人製薬会社ランキング All Rights Reserved.